実は奥が深いPDFファイル

純正ソフトウエアだけでなく、今やフリーのソフトでもワープロや表計算ソフトから簡単に作成できるPDFファイル。Macユーザーならプリンターから印刷するのと同じ要領でつくれるPDF。しかし、使えば使うほど複雑な仕組みで出来上がっているファイルだということが分かってきて、悩むケースが増えてきている。そもそも、スキャナーから読み込んで画像化した単純な画像ファイルとしてのPDFならば、ファイルサイズ以外は気にする必要もないことなのだが、電子書籍を作成する元ファイルとして取り扱うとなると、実はチェック項目が数多くあり、また多彩な機能の基に作成できるファイルでもあるのだ。フォントを埋め込むなどというのはほんの序の口で、埋め込まれた画像の圧縮やフォーマットの種類、透明化効果などといった日には何を言っているのかさっぱり分からないのが普通だと思う。ある時制作サイドから、PDFのプリフライトで確認したところと言われた日には、この人は何を言いたいのか意味が分からなかったほどである。これでいけないと思い3000円のマニュアル本を買い、真剣にPDFの魔境へと踏み込む決意をし、一つ一つ疑問点をクリアしながら、制作サイドから問題点を指摘されない合格点のもらえるPDFファイルの作成に取り組んだのであった。逆に考えると、PDFというのは使い方によっては多彩な可能性を秘めた便利なファイルであり、これを上手に商業ベースの電子書籍として流通させることが、今一つ使い勝手が悪くタイトル数が増えない電子書籍市場を活性化する最短距離のような気がするのである。デバイスメーカーや特定の企業が抱え込みをはかる今の電子書籍のフォーマットでは、ユーザーから支持を得るのは難しいように思えてならない。PDFファイルなら、一つのファイルでパソコンはもちろん、デバイスを問わず閲覧が可能であり、レイアウトを損なうこともない便利なものなのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 実は奥が深いPDFファイル
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

PDFファイルを使用すること

現在の世の中はペーパーレスとも言われるようになりました。ペーパーレスとは、雑誌や新聞などインターネットやパソコンを使用することで紙での印刷が不要になってきているということですね。今は情報社会とも言いますし、PDFファイルなどに、カタログ、雑誌、資料など掲載されるようになってきました。印刷も不要になりますし、会社や企業にとっては、かなり経費に値しますよね。やはり紙が不要になってきたことで、ECOにもつながります。PDFファイルは今は当たり前の用になってきました。みやすいですし、使用などPDFファイルのデーターとして受け取り、必要な個所のみ印刷をすると良いですので、不要な部分の印刷をしなくて済むようになってきました。やはり効率いい方法ではないでしょうか。ですが、ご高齢の方にとってはPDFは見にくいかもしれません。パソコンやインターネットに慣れていないというご高齢の方が沢山いらっしゃいますので、そういった場合にはやはり紙での印刷が必要になってきます。年代や、その時の状況によりPDFファイルで良いか、紙での印刷が必要になるか、ケースバイケースで変えていく必要がありますね。そういった事も含め、かなり情報は手軽に持ち運びができるようになったと言えます。PDFファイルでしたら、データーへ縮小できますし、出張などへ行く場合にも、便利です。資料の持ち運びでしたら、かなり重くなりますし、持ち運びも大変ですがPDFなどへデーター化することにより、かなり便利になりました。今は情報社会ともいわれますし、こういったPDFファイルなど扱うのに慣れていた方がよいですね。今後においきましては、こういったデーター化がかなり進んで行くでしょうから、日頃から見慣れておいた方がよいです。時代の流れにあったPDFファイルですね。検索機能など付いていますので探したい情報などもすぐ見つけやすいですし、とても活用できるPDFファイルですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - PDFファイルを使用すること
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]