実は奥が深いPDFファイル

純正ソフトウエアだけでなく、今やフリーのソフトでもワープロや表計算ソフトから簡単に作成できるPDFファイル。Macユーザーならプリンターから印刷するのと同じ要領でつくれるPDF。しかし、使えば使うほど複雑な仕組みで出来上がっているファイルだということが分かってきて、悩むケースが増えてきている。そもそも、スキャナーから読み込んで画像化した単純な画像ファイルとしてのPDFならば、ファイルサイズ以外は気にする必要もないことなのだが、電子書籍を作成する元ファイルとして取り扱うとなると、実はチェック項目が数多くあり、また多彩な機能の基に作成できるファイルでもあるのだ。フォントを埋め込むなどというのはほんの序の口で、埋め込まれた画像の圧縮やフォーマットの種類、透明化効果などといった日には何を言っているのかさっぱり分からないのが普通だと思う。ある時制作サイドから、PDFのプリフライトで確認したところと言われた日には、この人は何を言いたいのか意味が分からなかったほどである。これでいけないと思い3000円のマニュアル本を買い、真剣にPDFの魔境へと踏み込む決意をし、一つ一つ疑問点をクリアしながら、制作サイドから問題点を指摘されない合格点のもらえるPDFファイルの作成に取り組んだのであった。逆に考えると、PDFというのは使い方によっては多彩な可能性を秘めた便利なファイルであり、これを上手に商業ベースの電子書籍として流通させることが、今一つ使い勝手が悪くタイトル数が増えない電子書籍市場を活性化する最短距離のような気がするのである。デバイスメーカーや特定の企業が抱え込みをはかる今の電子書籍のフォーマットでは、ユーザーから支持を得るのは難しいように思えてならない。PDFファイルなら、一つのファイルでパソコンはもちろん、デバイスを問わず閲覧が可能であり、レイアウトを損なうこともない便利なものなのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 実は奥が深いPDFファイル
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]